塾の役割とは?何のために塾に行く?

By sheep2owner|2017年9月10日|Q&A, 投稿|0 comments

塾に行く目的

塾の役割とは?

あなたは、学習塾に何を求めますか?言い換えれば塾に大切なお子さんを通わせる目的です。

一番ストレートな塾の目的といえば、成績の向上と志望校への合格かと思います。ほとんどすべての学習塾において目的の一つとされています。

「なんでうちの子を塾に通わせるんだろう(通わせているんだろう)」という方に、現在の塾の目的をあげてみました。

学校の補完役

塾の役割

現在の学校現場は、大変厳しい状況に置かれています。社会現象にもなったゆとり教育から方向転換し、週休5日と脱ゆとり教育の両立という相反する内容を実行しようとしているからです。

授業の内容はたいへん多く、かつ週休完全5日で行わなくてはなりません。夏休みの削減や、授業時間の延長を行われているところもありますが、決して十分とは言えないようです。教職員の方も自身の時間を使い、工夫を凝らした授業を行っておられますが、根本原因の解消にはなっていないように感じます。

学校は基本的に学習指導要領に従って学習を進めなくてはならない&集団行動であるため、勉強についてこれない子がいても待つことはできません。

その遅れを塾でバックアップする。「補習型」の塾が存在しているのはまさにそのためでしょう。

変化してきた塾への期待

10年前と現在の塾の目的は変わっていないでしょうか?平成初期より前の時代における塾の役割は進学支援の一本柱であったといって問題ないでしょう。

現代においてもこの目的は決して不滅です。ですが、個別指導塾をはじめ通信制の塾といった時代に合わせて新たな塾スタイルの塾が生まれています。しかも、その単価は右肩上がりです。

現代の隠れた塾の目的

現代と昔の塾の役割は、家族の構成が変わっているのに伴って変わりつつあります。今では夫婦共働きが珍しくなくなっています。一昔前までは鍵っ子はあこがれの存在になるほど珍しかったですが、今や半数近くが鍵っ子なんてことも。

お父さんの給料だけでは生活が苦しい場合もあれば、パートにお母さんが行く。それだけでなく、会社での男女差もなくなり女性の方が仕事を続けたいと思えるような場面もものすごく増えました。

また、女性は主婦として家事に専念!というステレオタイプもなくなりつつあります。生涯学習という目的で、ヨガや習字など自身に費やす方も多いです。

その時間を捻出するためにお子さんを塾に通わせているんだそうです。すると、自身の時間をお子さんの安全を守りながら、将来の備えをさせることができるんです。

まとめ

塾に通わせる目的は家族によって人それぞれですが、共通しているのはお子さんが幸せになってほしい、家族が幸せになってほしいということです。

お子さんの成績が伸びるにしても、お子さんから手離れする時間を増やし、親御さんが活動するにしろ、塾をうまく活用して幸せな将来をめざしましょう!